読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジムに通い始めました

ジム ダイエット

わざわざお金を払って運動する意味が分からないと思って生きてきましたが、
社会人になりお金に余裕ができたこと、自宅から徒歩5分のところにジムがあること、20歳を超えたあたりから体に不調が多くなってきたことから、ジムへ入会することを決めました。

まだ入会したばかりで通い続けることができるかも不明ですが、現時点でのジムについての所感を書いておきます。

なお、ジムは自宅から徒歩5分のところにあります。

 

 

利用方法(予定)

(平日)

17時半 退社
18時半 家着、夕食、休憩
19時~20時 ジム着(家から運動着に着替えて行くと楽。)
21時~22時 お風呂へ向かう
22時~23時 家着

休日はまだ行っていないのでわかりません。 

 

持ち物

・運動シューズ
・タオル
・お風呂上りの着替え
・クレンジング、シャンプー、リンス、化粧水など
・プールに入る日は水着
ウォークマン、本

けっこう大荷物になってしまうので、シューズやシャンプーなどを置ける個人ロッカーを契約すると幸せになれそう。でも家も近いのでこのまま頑張る。

 

夕食について

夕食については運動の1時間前には済ませておくのが良いそうなので、社食で食べて帰ってくるのも良いかもしれないかな、と思っています。

 

ジム内での流れ

1.運動前血圧測定

2.血圧入力、メニュー表印刷

3.ウォーミングアップ

血圧を入力すると、その日の目標心拍数がメニュー表に追加されます。
その心拍数を維持できる負荷で10分間の軽い運動をします。
エアロバイクの場合、回転数は50~60回転/分で目標心拍数となるよう、負荷を設定します。
5分たったくらいから、体がぽかぽかしてきます。

4.ストレッチ

15分ほど。

5.筋トレ

各筋肉を鍛える用の器具を使って筋トレをします。
ポイントは、脚→腕→背中→腹→腰の順番で行うことらしいです。脚が一番先なのは、なるべく面積が大きい部分から鍛えると効果が得られやすいという理由から。また、腹→腰の順番なのは、腹筋で縮まった腹の筋肉を、腰を鍛えるときについでに伸ばすことができるそうです。また、力を入れるときには息を吐き、逆の動きで吸います。ちゃんとゆっくりした動きで、おもりは下げ切らずに行わないと筋肉が1回1回緩まってしまうので意味がありません。

6.有酸素運動

エアロバイクやウォーキング用の器具(これも3種類くらいある)で有酸素運動を最低20分。
こちらも目標心拍数を維持できるように負荷を設定します。15分を過ぎたくらいから汗がぽたぽたしてきます。
また、ダンスのクラスなども有酸素運動なので、ここに含まれます。

7.クールダウン

こちらも目標心拍数に向けて軽いクールダウンをします。私はJOBAが好きなので今のところ必ず最後はこれに乗ってしまいます。

8.運動後血圧測定

9.血圧、運動量入力、消費カロリー等確認

数値化されることで満足感があります。

 

そのほか

・ジムの楽しみ方は人それぞれだなと思いました。もくもくと運動をこなしていく場所というイメージでしたが、トレーナーさん目当ての方や、近所の方とのコミュニケーション場所として利用しにきている方も半数くらいはいるような気がします。

・すっぴんで行っても良いが、少人数のダンスクラスに参加するときは少し恥ずかしい。

・各器具に本がおける場所がついており、読書をしながら運動ができる。(大半の方は各器具についているテレビを見ながら運動しています)

・私が行っているジムは常時トレーナーさんがたくさん見回りやアドバイスをしてくれているので、間違ったトレーニングを続けてしまい意味が無い、ケガをする、といったことを防ぎやすい気がしました。

・初心者なのでわかりませんが、ダンスレッスン等のクラスは、きちんと外部講師を招いて行っているため、思っていたよりも本格的でした。これが数十種類も自由に受けられるのは相当お得な気分です。

・きちんとメニューをこなすと、基本セットだけで1時間くらいかかってしまうので、ダンスクラスとお風呂まで入っていると余裕で2時間半くらいかかってしまう。。。ダンスクラスを受講するときは短縮してみるなどする必要がありそうです。

・家に帰ったらすぐに歯磨きをすると、運動後の食事を防げそう